FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
風張林道は和田峠よりきつい
4月ころから走ってみたいと思っていた風張林道を今日走ってきた。
奥多摩周遊道路で風張峠は何度も走っているが、斜度18%~20%の風張林道があることを昨年まで知らなかった。
3月に友人から聞いて3人で走り出したが雨が降り出し中止になってしまった。
今日は午後から雨が降るかもしてないとの予報で防水ウインドブレーカーを持参したが、逆に午後は晴れて暑くなった。
いつも風張峠へのアプローチは八王子のアップダウンの多い比較的空いた道を走るが、今回は平坦路の多い道を選び脚力の温存を図る。
相変わらず出発は遅くて8:00。 八王子に入って途中道を間違え余計な時間をつぶす。
桧原街道の橘橋を右に曲がり時坂峠の分岐、「桧原とうふ」の店前を通る。
車を止めて4~5人のお客さんが店に居た。 美味しいのだろうな。
林道に入る分岐地点に11:05到着。 予定より遅い。

003_convert_20140905193429.jpg

まずここでまた道を間違える、案内板を見て写真の左の道のその左にもう1本道があり、そちらに向かうと工事関係者がいて、行き止まりだし工事関係者以外通行禁止だと言う。
やばいと思ったがよく聞くと、きのこセンターへの道はあっちだと教えてくれ、ホッとする。
良かったと走り出して直ぐ、右に登る道がありこれが林道入り口と勘違いして登ってゆく。

004_convert_20140905193500.jpg

斜度は15%くらいあり間違いないと思ったが、500mほど登り、小さな神社にお参りし左の道をさらに上ると民家があり、そこで行き止まりだった。

005_convert_20140905193537.jpg

間違いに気付き元の場所まで下りさらに先を進む。 殆ど10%以上の道で林道入り口の登り口が中々出てこない。
又、間違えたかとの不安が出始めた頃入り口が現れた。
さっきの道と似ていてこりゃ間違えるわ
落石注意の標識があるのが目印。

007_convert_20140905193628.jpg

ここから更に斜度が増して18%前後が出現する。
和田峠の16%の部分は、殆どコーナー地点だが、風張林道は直線で18%前後あるので余計きつく感じる。
和田峠だと八王子側からでも休むことなく登りきるが、風張林道は一気には上れず休憩を入れざるを得なかった。

空模様が怪しくなり遠くで雷の音も聞こえ、ポツポツと雨が落ちてきた。
009_convert_20140905193700.jpg

桧原きのこセンターに到着。 
8月から短距離しか走ってなかったので、不安に感じていたがここまでは、思ったより順調に登ることができた、が・・・・・。

010_convert_20140905193732.jpg

きのこセンターを過ぎて直ぐ分岐になっていて、広い左の道を進んだが、民家の庭に入って行き止まり。
ガードレールの無い右の道が正解。
011_convert_20140905193758.jpg

きのこセンターを過ぎれば斜度も緩くなると思いきや殆ど変わらず、疲れてきた脚にこたえる。
気温が上がって湿度も高く(桧原で27度湿度85%)ジャージはビショビショ、汗が目に入って痛い。
ブログに良く出てくる、巻貝様のコーナーで写真を撮ろうと停車し、左足を地面に強く突いたとき、痛みが。
太ももの内側、内側広筋が攣った。 
発汗が多かったのと、練習不足の影響がやはり現れたのだ。
すぐに痛みも弱くなったので、自転車を石垣に立てかけ写真を撮ろうと構えたら、自転車が動き出しひっくり返った。
下まで落ちなくて良かった。

012_convert_20140905193823.jpg

痛い足で急斜面からの発進は危ない、クリートを一発で入れなくてはならない。
なかなか終点の周遊道路が出てこない。 結構きのこセンターから距離がある。
疲れているので余計そう感じるのだと思う。
そのうち右足も攣りそうな感じがしだす、左足をかばって右足に余計な負担がかかっているのだろう。

ガードレールの無い道からの眺めは良い
014_convert_20140905193855.jpg

周遊道路の出口に近づく手前でとうとう右足も同じ内側広筋が攣り出した。
両足とも攣ったのは初めて。 出口近かったのが幸い、後は下りが殆ど。

バイクの音が聞こえる林道出口
015_convert_20140905193921.jpg

門扉の右側から出て、都民の森まで下る、 予定より1時間以上遅れて腹がペコペコ。
今日は自転車族は3~4人居ただけで少ない。
売店でビーフカレーとお餅を食べたがまだ物足りない。

017_convert_20140905214013.jpg

帰路は五日市まで快適な下り。
強く負荷を掛けるとまた脚が攣るので、痛みの残る脚をだましながら50kmあまり走って帰宅。
久しぶりに30度を超した暑さもこたえた。
途中でのコンビニでのアイスコーヒーがうまかったこと。
練習不足とケイデンス不足の踏むペダリングになっていたことを反省。

走行距離        134.5km

平均速度         22.3km

最高速度         64.1km 


スポンサーサイト
コメント
コメント
風張林道は下り専用では?
風張林道を上ったとは凄いですね。他になんといえば…
風張方面から帰宅を急ぐときに数回下ったことはありますが、転げ落ちるのではないかと思われるほどの激坂を知ってしまうと、到底上る勇気は出せません。
上りでは道を間違えやすいでしょうね。僕は下りでさえ、ヘアピンのようにUターンすべきところをまっすぐに進んで行きどまり、工事関係者から教えていただいたことがあります。

秋の終わりだったと思いますが、超高齢の猟友会の方々が仕留めたカモシカをさばいている現場に出会いました。以後ここを下る時には間違えて撃たれないように上下赤のジャージを着ることにしております(笑)

ガードレールはおろか低い縁石さえない絶景ポイントは、一つ間違えば谷底へ真っ逆さま!でもご無事で何よりでした。

林道出口ですが、鉄の扉の手前左側にある4段ほどの階段で道路に出られますので、次回はそちらをご利用ください。
2014/09/08(月) 00:17:33 | URL | shimagnolo #Cmya7Z0E [ 編集 ]
shimagnoloさん 
カモシカは居ませんでしたが、蛇やトカゲは道路を歩いてましたね。階段があるのは他の方のブログで知っていましたが細身なので扉の脇からすんなり出られました。
それより、shimaさんの登山、いくら北アルプスの初心者コースとは言え2度目で挑戦には驚きです。雨が止み、ご来光が拝めたのはラッキーでした。更に登山に興味を持たれるように、ひとつ山の本をご紹介します。モーリス・エルゾーグの「処女峰アンナプルナ 最初の8000m峰登頂」、ウインパーの「アルプス登攀記」。いずれも山のバイブル的な本です。
2014/09/08(月) 10:22:34 | URL | dankaiseinen #- [ 編集 ]
本のご紹介、ありがとうございます
本のご紹介、ありがとうございます。是非読んでみたいと思います。
北アルプス登山はdankaiseinenさんにご忠告いただいた通りの結果になりました。いまだ大腿四頭筋の筋肉痛でヨロヨロの暮らしをしております。
2014/09/09(火) 12:13:07 | URL | shimagnolo #Cmya7Z0E [ 編集 ]
読んでみてください
「アルプス登攀記」では、今のような登山装備の無い時代、いかに苦労して登ったか良く分かります。 歩き方は経験を積まれてshimagnoloさんなら直ぐに上手になると思います。
2014/09/10(水) 13:29:32 | URL | dankaiseinen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ