リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
真夏の自転車の練習は厳しい
梅雨が明けて、夏も本番。
夏の暑さの中走るのが好きな方も居ると思うが自分は苦手だ。
例年真夏には標高の高い富士山のスカイラインや秩父の山岳地域の少しでも気温が低い場所で走ることにしているが、今年の7月はまだ行っていない。
週末から山行きと旅行があるので今月は行けそうも無い。

このところ暑い外で走らず、室内でローラー台でお茶を濁してしまうことが多い。
しかしローラー台は1時間以上続ける忍耐力は無いし、今日は近場を走ることに。
10時前既に30度を超えている遅い時間に出発。
多摩サイから連光寺を通り尾根幹線道に出る。
30分も走ると赤信号で止まると汗が噴き出してくる、堪らずUVアームカバーをぬぐ。

風も無く厚い尾根幹線道路
001_convert_20140723185346.jpg

さすがに尾根幹の緩やかなアップダウンを走るサイクリストもローデーも居ない。
一人も会わなかったのは初めてこと。 
みんな涼しい早朝に走っているのだろうか、昼近くの一番暑くなる時間帯に走るのは避けるのが当たり前だ。
保冷ポットに入れたスポーツドリンクと塩分補給をしながら走る。

日陰の無い道路は厳しい
005_convert_20140723185419.jpg

町田市の途中まで行き引き返す。
コンビニで「ガリガリ君」とアイスクリームを買って帰宅。
僅か50km弱走っただけだが、ジャージはビショビショ。
苦手な早起きをして涼しい6時ごろから走らない駄目だな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ