リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
秩父・正丸峠 往復ライド
最近は、自転車のトレーニング走行がおろそかになっていて、100km以下の距離走行が殆どになっていた。
というのもゴルフのお誘いが多くて月3~5回もプレーしていた。
アルバイトもしているので、自転車の練習時間中々が取れなかった。(と言い訳しとこ)
ゴルフは下手で、特にパットが苦手、1mのパットがなかなか入らない。
これ以上やってもお金の無駄、と考えゴルフ仲間には悪いと思いつつ、約束してある6月までで、それ以降は一切やらない旨伝えた。
自転車と時々の山登りに専念することに決めた。

今月20日に、○○○自転車旅行社で埼玉センチュリーライドを初めて実施することを知り、参加申し込みをした。
6/3の毎年参加している、銚子センチュリーライドの試走のつもりで。
でも、巡航速度25kmで走れることが条件と、書いてあったので走るルートにもよるが20km以下のペースにはならないと思う。

前置きが長々となりましたが、5月14日前日の雨も止んで、快晴の天気になったこともあり、埼玉の正丸峠まで約130kmのトレーニング走行を実施。
130kmと30kmも短いが山伏峠・正丸峠と山道が結構あるので、平坦が殆どのセンチュリーライドと同程度の持久力を必要とされると考えて決めた。
それに、幹線道を避け信号も少ない平坦な道路を160kmも探すのは容易でない。
ルートは
多摩サイ~羽村~東青梅~成木街道~名栗~山伏峠~正丸峠 往復
以前にも数度行っていて、練習不足の身には、都民の森より厳しくないのが分かっている。
9:15と遅い時間に自宅出発、多摩サイから羽村堰、東青梅と平坦な道を進み、コンビニを過ぎてから小沢トンネル手前までは、緩い上り坂が続く。

前回来た時山藤が咲いていた場所はすっかり終わっていた
IMG_20180514_112224_convert_20180516160355.jpg

小沢トンネルを過ぎてつづら折りの坂をすぎ、下りったところの信号を左折し名栗、秩父方向に進む。
鳥居観音を左に見ながら先を急ぐ。
昼時になって腹がすき、正丸峠の茶屋に早く着き豚丼を食べたいとの思いから。
山伏峠への3~4kmは急坂も現れ、空きっ腹にはきつくなってきた。
前を60後半くらいの同年代とお孫さんくらいの2人がゆっくり坂を登っている。
こんにちは、と先方から挨拶され、こんにちはと答えながら先を進んだ。
地味な山伏峠の標識を過ぎてすぐ右に正丸峠へ向かう。
舗装の荒れた道を1km余り上り正丸峠に到着。
アレー。峠の茶屋が閉まっている。
どうやら月曜日は、定休日みたいだ。

IMG_20180514_124930_convert_20180516160445.jpg

IMG_20180514_125008_convert_20180516160529.jpg

うかつだった。この近辺にはコンビニどころか食堂も売店もない。
200kcalのゼリー飲料を1パック飲み込んで、写真を撮ったらすぐ名栗湖下の売店と蕎麦屋目指して走り出す。
幸い、殆どが下り坂なので35~40kmオーバーで進めた。
名栗湖下の蕎麦屋は閉まっていたが、売店は開いていたので、焼きそばとおにぎりを買いやっと一息つけた。
自分は、痩せているので脂肪が少なく、ちゃんと食べ物をとらないとハンガーノックになりやすい。
しかも今日は、道路上の温度計も27℃を指していて暑い。

名栗の「武州一揆」を描いた壁画が派手だ
IMG_20180514_140433_convert_20180516160556.jpg
名栗の渓谷と新緑がきれい
IMG_20180514_140501_convert_20180516160614.jpg

往路は逆風だったので、帰路は追い風に乗ってしかも下り基調でスピードが上がる。
久し振りの100km超えの練習には大助かり。
前回の巡航速度より1km遅かったが、まずまずの練習走行でした。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ