リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
天神尾根から谷川岳
今年の8月は雨が多く、当初計画の日にちを一週間延ばして8月25日に谷川岳に友人と登ってきた。
友人の小5のお孫さんと我々も高齢になったしで、ロープウェイで天神平まで行き、天神尾根を登る最も手軽なルート。

雲が多いがまずまずの天気 朝日岳と笠ヶ岳
IMG_20170824_111049_convert_20170827124949.jpg

友人の小5のお孫さんと
1503700075656_convert_20170827112255.jpg

天神平から熊穴小屋までは樹林帯の道を30分余りで到着。
数年前5月の連休時に来た時は残雪が多く軽アイゼンすら持参しなかったためこの小屋から引き返した事があった。
小学5年の男の子も野球部に入っているせいか足取りも軽く友人より速く到着。

IMG_20170824_115745_convert_20170827112326.jpg

熊穴小屋を12時ころ出て1.8km先の頂上の下、肩の小屋をまず目指す。
12:20天狗のとまり場に着くがそのまま進む。
岩が増えて傾斜も増し、日差しもあるので発汗が多くなった。
鎖場もあるが難しいところは無く登り続ける。
肩の小屋広場にある道標が見えてきた。

IMG_20170824_124008_convert_20170827112506.jpg

12時44分肩の小屋到着。
日差しが強く暑い。 汗で特にザックと接触している背中がビチョリだ。

IMG_20170824_124442_convert_20170827112759.jpg

水上方面はまずまずの眺望
IMG_20170824_134418_convert_20170827125147.jpg

遅れている2人を待つ間、昼食に使うバーナーを用意する。
30分近く経って小学生のお孫さんが到着。
更に10分過ぎて友人が到着。暑さがこたえた様子。

遅い昼食を摂ったのち、双耳峰の1つ、直ぐ先のトマの耳に着いた頃はガス増えてもう1つの頂上、オキの耳も見えない。
谷川岳は4~5回目だが、360度眺望が得られる程天候が良かった記憶が無い。

トマの耳、友人とお孫さん
1503611742920_convert_20170827113104.jpg

オキの耳は結局寄らずに下山に入る。
ガスっていたのは頂上付近だけで、下るに従い雲は増えたが、見通しも良かった。
天神平まで下り日帰りもできる時間だったが、近くのペンションで一泊し野天風呂で汗を流しゆったりと過ごせた。
翌日は朝から本降りの雨、前日登れて幸運でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ