リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
2年ぶりの和田峠行き
久し振りに陣馬山下の和田峠まで走った。
約2年振りになる。
過去5回ほど訪れているが、平均斜度10%で3.5km余りの勾配を上るのがうっとうしく成ってきたので最近は少し緩い梅ノ木峠に行くことが多くなっている。
今回は、練習不足からどれ程脚力が衰えてしまっているか確認をしようと思い訪れたもの。

多摩市から八王子に入り、みなみ野~館町~高尾~川原宿~夕焼け小焼けの里~陣馬高原下と進んだ。

今日も八王子は33℃と暑さが続く
IMG_20170711_111836_convert_20170712112519.jpg

陣馬高原下から、いよいよ和田峠への山道に入る。
初めは6~7%くらいの上りできつくはない。
しかし少し進むと10%位の上りの連続。
更に10%以上の急坂が連続し、コーナーでは15%はありそう。
脚力が落ちたとはいえ、峠までは足つきはしたくない。
速度はどんどん落ちてゆくが無理をせず、上ってゆく。
最近、無理をすると必ず帰路で足が攣りるようになってしまった。
すぐ直ることも多いがあの痛さは辛いものだ。
上りの半分過ぎで、先行のロードバイクに追いつく。
ビアンキだ、あのビアンキカラーですぐわかる。
ホイールは自分と同じフルクラムだが、自分のより一つ上の「レーシング0」。
多分20歳台のサイクリスト、バイク用の小さなバックを背負っている。
少し後方につきながらやがて追い越して進む。
右にこのルート1か所だけの景色が見える場所を過ぎて、すぐ峠に到着。
何とか今回も足つきもなく着くことができたが、平均斜度10%でも3.5kmの短い距離だからできること。
平均斜度7~8%で10kmの上りの方が休憩なしで上るのは、きついと思う。

峠の茶屋は営業していて、いるのは登山者が多い。
IMG_20170711_120412_convert_20170712112547.jpg

峠での休憩後、今回は藤野側には下らず八王子側、来た道を戻った。

和田峠では眺望が無く、峠下僅かに開けた場所から奥多摩方面の眺め
IMG_20170711_121724_convert_20170712112612.jpg

今日は風が強くていくらから暑さをしのげたが、カンカン照りの強い日差しの中を走るのは100kmで充分。
脚と腕は、塩分が吹き出しザラザラしている。
充分水分を補給したつもりで、昼食に丼とざるそばをしっかり食べても帰宅して体重を測ると2㎏減っていた。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ