リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
正丸峠~伊豆が岳~古御岳~高畑山~天目指峠~子の権現~吾野 山歩き
22日だったがいつも一緒に行く山友達と埼玉の低山歩きをしてきた。
距離こそ14.5kmとそこそこだが獲得標高が少ないので負荷は少ない。
年齢のせいで、左目に飛蚊症が現れてうっとうしくPCとスマホの使用を控えていた。
昨日目医者に診てもらい、加齢による飛蚊症で心配ない視力も1.0あるので、薬も必要ない(本当は治す薬もないらしい)といわれやっと安心。

陽が短くなったので8時半に駅で待ち合わせ、早目に歩き始める。
正丸駅から1時間弱で正丸峠に到着。
9:30前なので峠の売店食堂はまだ閉まっていた。
曇り空で眺望は良くない。

IMG_20161223_123530_635_convert_20161228140236.jpg

次の伊豆が岳までは4.3kmほど。
緩めの登りを進むとガレ場に出た。
その上は鎖場になっていて、上り口に立て看板があり、落石が多いので右の巻き道を登ってくださいと書いてある。
見た目短じかそうだし、通行止めにはなっていないので真っすぐ登る事にした。
短いガレ場の上に鎖がやたら張ってある岩場に出る。

IMG_20161222_103455_convert_20161228140641.jpg

手がかりの少ないスラブ岩もあって確かに鎖がないと初心者は登れないかもしれない。

IMG_20161222_104119_convert_20161228140744.jpg

今回のルートは急登は少なく、変化に乏しいので一箇所でも岩場が有ったのは救いになった。
岩場を登って程なく、伊豆が岳に着く。

1000Mに満たない低山でここからの眺望は良くない
IMG_20161223_124406_929_convert_20161228140350.jpg

伊豆が岳を過ぎるとアップダウンは在るものの下り基調のルートになり次の古御岳の休息場で早めの昼食。
冬の山歩きはバーナーを手放せない。
インスタントラーメンと握り飯、その後熱いコーヒーを入れて1時間たっぷり休んだ。

IMG_20161223_124525_477_convert_20161228140607.jpg

午後は高畑山から天目指峠を歩き、この辺で丁度ルートの半分歩いた事になる。

天目指峠の休息場には、木製のバイクラックが置いてあった。
3年前自転車で来たときには無かったが、サイクリストが増えたのかな?。

IMG_20161222_132236_convert_20161228141512.jpg

3年前自転車で来た時の天目指峠
020_convert_20161228153107.jpg

峠を過ぎて短いアップダウンを繰り返し登って行くと、子の権現 天龍寺に着く。
本堂の傍には大きな草鞋が一対。 2トンもある鉄のわらじだそうだ。(写真撮り忘れ)
ちょっと下がって境内入り口近くには、杉の大木があるが落雷にでもあったのか、一本は枯れていて上部が無く、もう一本も片側半分の幹は無く黒く焦げたようになっていた。

IMG_20161223_124732_366_convert_20161228141329.jpg

二本杉の横境内入り口前で
IMG_20161222_143056_convert_20161228141420.jpg

子の権現からはひたすら下り。
途中の浅見茶屋で味噌田楽とコーヒーでも飲んで休んでゆこうと友人と楽しみに歩いていった。
浅見茶屋が見えてきたが何か変、明かりがついていないように見える。
まだ3時前、早じまいか?。
着くと、本日定休の表示が。
定休日は毎水曜日で今日は木曜だが?、なんと第4木曜も休みだと分かった。
がっかりだが仕方が無く、なんとも長い舗装路の道を吾野駅まで歩き帰途に着いた。
天気がぱっとしない平日だからか他のハイカーにあったのは3組のみだった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ