リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
荒川周辺サイクリングイベントの参加
10日(日)、11月に初参加した奥武蔵自転車旅行社主催の新年イベントに参加。
寒い時期なかなか積極的に自転車で走る気にもなにくかったので、スタート場所まで自走すれば100kmを超えるこのイベントに申し込んだ。
集合場所の戸田まで、23kmくらいなので1時間半くらいかかると予想して6時50分自宅を出た。
ルートは予めガーミンのGPSに入力したので、それを辿れば迷わずに行けるはずだった。
ところが8月の京都のイベント時から故障気味になっていたのを忘れていた。
SWを入れて初期画面が出るがそれ以降が立ち上がらない。
電池を入れ替えたり色々やってもだめ。
仕方なくスマホのナビを使って走り出したが、自転車用ホルダーがある訳ではないので本来やってはいけない右手に持ちながら走った。
それでも何度も道を間違え、着いたのがスタートの10分前。 2時間もかかってしまった。
参加者と主催者スタッフで20名程が9時にスタート。
参加者は20代の男性女性から60代の自分のような人も居て幅広い。
多分自分が最年長かも知れない。

笹目橋から荒川沿いに走り出す。
荒川は多摩川に比べて河川敷が広いので、ゴルフ場や公園が多い。

DSC_1038_convert_20160111151126.jpg

荒川沿いを上流に向かって走り、志木市、大宮に入り入間川の分岐を過ぎて上尾市を通過し桶川に入った。
まず最初に立ち寄ったのは、東叡山・泉福寺という国の重要文化財があるというお寺。
10日ともなれば初詣の人もほとんど居なくて静かな境内だ。

DSC_1041_convert_20160111151213.jpg

DSC_1042_convert_20160111151250.jpg

次に寄ったのは2kmくらい先にある旧陸軍熊谷飛行学校桶川分校。
中に入る事はできなかったが当時の施設が残されていた。

DSC_1045_convert_20160111151320.jpg

DSC_1046_convert_20160111151402.jpg

DSC_1047_convert_20160111151446.jpg

ここを見学して11時半ころ昼食店前にバイクラックが置いてあるのでサイクリスト達が利用する店のようだ。

このほかに、うどんと茶碗蒸し、コーヒーがついた 勿論イベント費とは別
DSC_1048_convert_20160111151516.jpg

寒い日ではなかったがすっかり温まった。
隣に座った2人の30代くらいの方がシクロに乗っていたのでディスクブレーキの効きを聞いたら他のブレーキの自転車に乗りたくなくなる位い良く効くとのこと。
ロードでもディスク仕様が出ているが重くなるのが難点か?しかし安全性を考えると確かに魅力がある。

昼食後少し走って和菓子の店に寄った。
さすがに食べたすぐ後に食べる気もせずおみやげに団子を買ってバックパックに入れる。

14時前にもう一箇所お寺によった。
DSC_1050_convert_20160111151601.jpg
十二子を抱いた石像が並んでいた 今年の干支の猿もある
DSC_1053_convert_20160111163835.jpg

帰路途中、最後に見学のため寄ったのはふじみ野市にある福岡河岸記念館。
江戸時代から明治にかけて川が物資運搬の重要な手段だったそうで、その時代栄えた福岡河岸の舟問屋の一部が保存展示されている。
明治初頭から建てられた主屋と三階建ての離れと蔵の3棟が展示してある。
今日は、三階建ての離れにも入る事ができて30分間ガイドさんが説明してくれた。
このような民間の歴史遺産の建造物は年を追って傷んでゆくと思うのでふじみ野市としても大変な負担だと思う。

DSC_1057_convert_20160111151801.jpg
3階の部屋から荒川、さいたま市方面を望む 窓のガラスは当時の物で少し波打っている
DSC_1059_convert_20160111151832.jpg

見学箇所は全て終わり、戸田の奥武蔵自転車旅行社までは10km余りで近いが、15時を過ぎて冬の陽は早くも傾きだしていた。
16時半頃帰着。
自宅まで自走なので、挨拶をしてすぐ走り出す。
往路28kmあった。 自宅に着いて120km前後になるだろう。
途中土手沿いから西に沈み込む夕日が、富士山のシルエットを綺麗に映し出してくれた。

DSC_1060_convert_20160111151905.jpg



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ