リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
連休で混雑する風張峠を避けて梅ノ木峠へ
シルバーウイークの5連休中の21日、登坂練習のため風張峠に行こうかと思ったが、混雑する風張峠を避けていつでも空いている梅ノ木峠に変更。

このところ、ゴルフの付き合いが多く自転車の練習不足になっている。
特に坂道を走ることが少なく持久力の不安がある。

ルートは連光寺~野猿海道~八王子御殿山~高尾~八王子美山~網代トンネル~武蔵五日市~梅ノ木峠~吉野海道・青梅~多摩サイ の約100km。

出発は遅くて9時過ぎに自宅を出発。
野猿街道から八王子に入り高尾町から東京霊園に差し掛かると墓参りの車が多く渋滞気味。
2つほどの小さな峠を過ぎて網代トンネルを出ると、秋川を渡り武蔵五日市駅に向かう。
武蔵五日市駅前に着いて信号待ちをしていると、案の定風張峠方向から来たと思える自転車が多数走ってきた。
駅前を左折すれば桧原村を経由して風張峠に至る。 
ここを右折し、秋川街道でつるつる温泉~梅ノ木峠を目指す。

つるつる温泉入り口を左折すると日の出町の川沿いを走る。
川でニジマス釣りをする家族連れが、沢山来ている。 

DSC_0747_convert_20150922101810.jpg

2~3kmほど走ってつるつる温泉に着く頃から、ぐっと傾斜がきつくなってくる。
この先数百メートルほどは12~13%位い有るが短い。
峠までは平均斜度9.6%と和田峠より少し緩い。
距離も4km弱で短いので休憩するほどでもない。

DSC_0748_convert_20150922102113.jpg

途中1台下ってきたロードバイクに出会ったが、休日でも地味な峠のせいか走っている自転車は少ない。
久し振りに平均10%近い山道を走って、練習不足をハッキリ感じた。
登坂が今までより平均で1km位い遅い。
筋力が落ちている、持久力も落ちているのを帰宅してからの疲労感で感じた。
今回は、風張峠でなくこちらで正解だった。
風張峠の方が距離が数倍ある。

峠に着くと1人ローディーが居て来た道を戻っていった。
その他には車が1台駐車しているだけで、誰も居ない。

今日も天気がよく峠からの眺望は良い
DSC_0750_convert_20150922102507.jpg

12時半を過ぎて持参したおにぎりで簡単な食事をとる。
登山道のベンチで休憩しているとハイカーの中年女性2人が○○に行くのはこの道でよいか、と聞かれたがハイカーと間違えたのか?ヘルメット着けていたのに。
しかし、ハイカー、登山者は会うと必ず「こんにちは」と挨拶するが、バイクは会っても余り挨拶が無い。
先ほど峠で会ったローディーは挨拶してくれたが。

休憩していた20分ほどで自転車は2台、ハイカーが6人、オートバイク1台と訪れる人が少ない。
地味な峠でしかも青梅側に下りる道路が、林業関係者以外通行禁止になっているので余計面白みに欠けるのも一因だと思う。

この案内板は最近設置された様子
DSC_0751_convert_20150922102538.jpg
ハイカーの方が多い
DSC_0754_convert_20150922102613.jpg

休憩後、本来は林業関係者以外通行できないが青梅側吉野街道に出る林道を下った。
舗装されているが落石や落ち枝等で荒れているので注意深く走る。

途中、工事箇所が幾つかあり先日の長雨の影響が感じられた。

DSC_0757_convert_20150922102800.jpg

3km位い下っただろうか、吉野街道に出て東青梅方面に向かった。
羽村に入り、混雑気味の多摩サイを走って帰宅した。

多摩川の河川敷でバーベキュー等で遊ぶ家族ずれが多数
DSC_0758_convert_20150922101844.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ