リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
京都美山サイクルグリーンツアー2015 猛暑の中のライド
4月の遠州ガイドライドに参加した際、そこで知り合った方から、8月に行われる京都の美山ロングライドは変わっていて面白いですよ、と進められ美山のホームページや走った方のブログをみて、ちょっと遠いが参加する事に決めた。
暑さには弱いほうなので、今まで8月のロングライドは避けてきた。
前者の方から山間部だからそんなには暑くないですよ、と言われそれならばと参加したわけだが京都の真夏は標高200~300mの山間部では平地と殆ど変わらなかった。
当日道路の温度計は39度を指していた箇所も有ったのだ。

交通手段は新幹線の方が速いが、駅から宿までのアプローチが不便なので、1100kmを超すが、結局マイカーで往復した。
9時頃出発し、美山の宿に着いたのが16時20分頃。
暑い、車の温度計は36度を示していた。
今夜は10人程の相部屋。皆さん全てイベント参加者、東京からの参加者も部屋は違うが居たようだ。

山里料理を謳う旅館
DSC_0658_convert_20150803113611.jpg

8月2日ロングライド当日。 
5時に朝食をとり、車で10分ほどの中学校の駐車場に6時前到着。
自転車を降し、すぐ近くのスタート・ゴール地点の小学校へ向かう。
受付を済ます。 曇りで山が霧がかかった朝は23度と涼しい。

DSC_0665_convert_20150803113824.jpg

DSC_0666_convert_20150803113906.jpg

6:40から開会式がありどこでも現れる絹代さん始め2~3人のスポーツライター等の紹介と昨年のライドで事故にあった町長さんの挨拶が終わり、スタート地点に移動。 今年の参加者は1000人とのこと。

11箇所のチェックポイントに向けて自由に、バラバラに走るのでスタートは50人毎で出発。
DSC_0668_convert_20150803113750.jpg

今回のロングライドの不安は暑さと、11箇所のチェックポイントを道を間違えずに効率よく走れるかどうか、だと考えていた。
通常の一本のルートを走るライドではなく、スタート・ゴール地点から放射状にコースが何本にも分かれ決まったコースが無い。
主催者側も日本で唯一オリエンテーション形式のロングライドとうたっている。

この地図を頼りに11のチェックポイントを廻り、リストバンドを受け取る
DSC_0695_convert_20150803123132_convert_20150803125438.jpg

7時のスタート時は曇りで涼しくこりゃ良いわと思ったのは束の間、8時過ぎから晴れてきて気温はドンドン上がりだす。

7時台は涼しく快適に走る
DSC_0675_convert_20150803114012.jpg

DSC_0676_convert_20150803114101.jpg

8時を過ぎてからは晴れてきて気温が上がり出す。

チェックポイントでリストバンド(紙)を手に巻いてもらう
DSC_0679_convert_20150803114136.jpg

チェックポイント原、萱野、肱谷、大野ダム、川谷と多少道を間違えたがほぼ順調に走り、最初に大野ASに立ち寄る。
しかし目当ての鯖すし鮎すしは既になくなっていた。 
スイカと草もち、トマトを食べる。
気温は上がってきたがまだ熱中症を心配するほどでもなく、10km先の鶴が丘ASに立ち寄るが、又しても鮎おにぎりはなくなっていて普通のおにぎりと冷やし野菜、各種ジュースで9時を過ぎて多少腹も空いていたので補給する。

DSC_0682_convert_20150803114311.jpg

5箇所あるエイドの品そろえはサイクルイベントの中でも種類が多く満足できる内容
DSC_0681_convert_20150803114235.jpg

次のチェックポイント洞、山森と走り、スタート時のリストバンドを含め8本になり、残りは4本。
コースは山間部が多いが日陰は多くない。
DSC_0683_convert_20150803114343.jpg

山森から次のチェックポイント知見までは30km以上ありそう、間に九鬼ヶ坂峠を越すが考えていたほどの坂ではなかった。
平屋地区を走る頃から相当暑くなってきた、おそらく34~35度はありそう。
日陰の少ない地域で容赦なく太陽が照りつける。

途中のかやぶきの里でスナップ
DSC_0686_convert_20150803114414.jpg

チェックポイント知見の手前に知井ASがあり水分補給。
冷たい水を飲みすぎても良くないのでトマト、きゅうりなどを食べる。
少しずつ後頭部に違和感を感じ始めたので、ボトルの水を頭にかける。 他のライダーも結構やっていた。
気を付けねばならない気温と日射時間になってきたのだ。
ASを出て地見チェックポイントまで上り坂が続く、下ってまた知井ASを通り、距離の少ない河内谷チェックポイントに向かった。
河内谷でリストバンドは10個となり、残り2個。 まだ12時前14時頃には完走して戻れそう。
次は6kmほど先の田歌だ。
再度ASのある知井の交差点に出る。
ついにここでとんでもないミスを犯す。
田歌方面と正反対の道を走り出してしまったのだ。
同じ38号線なので間違っているとも思わず、どうも着いてもいい距離だがと思ってなおも走ると、平屋ASが現れた。
ここで正反対に走ったことがやっと分かった。

DSC_0688_convert_20150803114445.jpg

時間は12時35分。
戻って、田歌まで往復すると30km、その後4kmの上りが続く深見チェックポイントに行かなければならない。
とり合えず、平屋ASで腹に何か入れようと見ると、この時間では殆どめぼしいものが残っていなかった。
有るのは冷やし野菜程度、西瓜も無い。
諦めて隣の美山牛乳の売店で並んで有料のソフトクリームを買った。 これが実に旨かった、2年前北海道で食べたソフトとそん色ない、やはり牛乳屋さんの自家製のソフトは旨い。
ここでは、沢山のライダーがいて、20代位のグループの若い人もこの暑さでここで止めると話している。
自分もここから往復20kmほどの深見峠のチェックポイントで最後にする決心をする。
ゴール最終15:30までの制限は田歌まで往復30km、深見峠10km走っても戻れるだろうが、この暑さの中30km余計に走る気力は無かった。
痛恨の知井から往復12kmほどのミスカットになってしまった。
最後になってしまった深見峠へ向かう橋の手前の温度表示は36度を示している。
地表近くは恐らく39度くらいあるのではないか、ロングライドする気温ではないね。

DSC_0690_convert_20150803114513.jpg

深見峠までの4kmの登りは普段ならどうって事のない斜度だが頭が痛くなってきた身体には応えた、日陰が無い。
バンドをもらって後の下りの涼しさが心地良かった。
ゴールの宮島小学校に着いたのは13:45頃。
完走証をもらう時、係りの人がリストバンドが多いので、完走ですね、といわれたが一箇所ミスで飛ばした事を話すと残念がってくれた。
せめて、分疑点にはチェックポイント方向の→表示板だけでもつけて欲しい。
何の表示も無く、分岐箇所に居る交通整理員も雇われらしく、地元の人間ではないので方向は分からないと言われた。
折角遠い、東京から来たので完走したかったが、1箇所のコースミスでうまく行かなかった。
逆方向に走るなど自分が悪いのだが、時間的には充分14時台に帰って来れたはずなので、まったく心残りのライドになってしまった。

リストバンドの本数が貼られた完走証
DSC_06941_convert_20150803114711.jpg


走行距離        119.02km
最高速度         51.4km
平均速度         25.1km

スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめまして、ひとぴちと申します。
よろしくお願いします。
美山サイクルグリーンツアーに参加されていたんですね。
いや~、午前中は涼しかったですが、午後からは灼熱地獄でしたね~。
途中の温度計は40℃でした。
よく死人がでなかったと思いますよ。
CP11か所も・・・。
私は足元に及びません。
ASの食べ物につられて、時間がどんどん過ぎて行きました。(^_^;)
2015/08/05(水) 16:06:17 | URL | ひとぴち #- [ 編集 ]
ひとぴちさん。
参加されていたのですね。
灼熱地獄、まさにその通りでした。
今年は、特に暑かったらしいですね。
ボトルの水を頭にかけながら走りました。
佐渡210kmのロングライドよりきつかったです。
2015/08/05(水) 21:37:12 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ