FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
暖かかった和田峠
3月30日(月)今年初めての和田峠へ自転車で向かった。
自宅から100km程の手頃な距離なので毎年急坂を走りたいとき良く出かける。
今日は3月としては、暖かく八王子でも20度くらい気温が上がった。
半袖ジャージとアームカバーで走って丁度よかった。

往路:多摩市連光寺~南多摩幹線~多摩境~みなみ野~高尾~川原宿~夕焼け小焼けの里~和田峠
復路:和田峠~藤野~高尾山~みなみ野~野猿峠~多摩センター~連光寺~多摩サイ
と予定していたが、藤野側の道が路肩崩壊のため通行止めになっていて帰路は変更した。

9時半と出発は遅かったが、距離が短いので昼には和田峠に着くだろう。
昨夜は寝不足になり朝体調があまり良くなかった。
自転車に乗っていても調子の悪さが感じられ、ペダリングが重くて連光寺の緩い坂で始め30~40代の女性ライダーに抜かれる有様。
斜度が4%区域に入ると女性は遅れだしたので追い越して先を進んだが、いつもより2km前後遅い速度で走り続けた。
今まで和田峠は途中脚休めをして上ったことはなかったが、今日の調子では脚を着くかも知れない不安をもった。

南多摩幹線から八王子に入り陣馬街道を進むと、静かな道になる。
春休み中からか、親子で川で釣りをする人が平日の割りに多い。

DSC_0440_convert_20150331114140.jpg

夕焼け小焼けの里でトイレ休憩をとったが、トイレの入り口に昨年来たときには無かった、サイクルスタンドが置かれていた。
スタンドに八王子在住の芸術家で元マウンテンバイク日本代表、タレントとして活躍中のチャーリー磯崎さんが製作し寄贈された物だと書かれていた。
別の場所にもスタンドが設置してあり、得意の鋳鉄製で造られていた。

DSC_0443_convert_20150331121831.jpg

夕焼け小焼けの里を出て陣馬高原下から和田峠への道がスタート。
12時少し前なのにもう下山してくるハイカーが歩いている。
6%が8%そして10%と進むにつれ斜度が上がる。
カーブでは多くが10%を超えて12%~15%くらいになる。
救いなのは風張林道みたいに直線で15%~18%というところはないのでカーブをアウト側に進めて斜度をうまく落として進んだ。
車が来るとインベタで進まざるを得なくて15%をもろに走る事になるが、平日の林道は車は殆ど通らない。
カーブではアウト側を走ることでジグザグに走るより効率よく走れる。
結局3.5kmの道をいつもと殆ど変わらぬタイムで走りきることが出来体調が多少悪くても調子は戻るものだと感じた。
そういえば昨年の佐渡ロングライド時、前夜3時間ほどしか眠れず4年間でタイムは一番悪かったが、210km走り終えても疲労困憊という事は無かった。

和田峠に着くと平日にしては珍しく売店が営業中でここにも新たに足場パイプで作られたサイクルスタンドが置かれていた。

DSC_0444_convert_20150331114543.jpg

700m近い高さの和田峠でも寒くない。
藤野側に下ろうと思って見ると藤野側の道がゲートで閉鎖されている。
路肩が崩壊しているらしい。 自転車も駄目とかかれている。

DSC_0447_convert_20150331114901.jpg

下りになるとバス停の有る陣馬高原下にはあっという間に着いてしまう。
ハイカーが歩いているし狭い道幅とカーブが多いのでそんなにスピードは出せないが。

八王子はまだソメイヨシノは満開になっていない木が多かったが、多摩市に近い民家の庭に満開の桜がきれいに咲いていて思わずペダルを止めてしまった。

DSC_0449_convert_20150331114928.jpg

聖跡桜ヶ丘まで追い風気味の道を快適に走り帰宅。

来月からサイクルイベントに参加、本格的にシーズンの始まり。
佐渡は4年続いたので今年はお休み。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ