FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
秩父・名栗湖 往復
16日は、暖かくなるとの予報で、手頃な距離の秩父・名栗湖(有間ダム)へ向かった。
何度か訪れているところなので、GPSは使わず、多摩サイで羽村まで~青梅~名栗と迷う事もなく行ける。
9時過ぎ出発。 多摩サイからは相変変わらず富士山が良く見える。
毎回立川から観る富士山とモノレールの姿は、モノレールの運行本数が多いのか来るのを待つことなく今日も丁度姿を現してくれた。

DSC_0324_convert_20150217104459.jpg

多摩川では護岸工事等が多く臨時の迂回路を走らされる場所も多い。
昭島付近に河津桜の木が5本くらい植えてあるが、まだ咲いていず今日のような暖かい日があるとはいえ、来週末くらいになるだろうか。
羽村から先河辺から東青梅にかけて市街地を走り、成木街道に入る。
暫らくはゆるい登りが続く。 交通量は少なめだがダンプが多いので気をつけて走る。
このあたりの日陰は、雪が溶けずに道路の歩道などにも残っている。

DSC_0326_convert_20150217104600.jpg

今日は風が弱いが時折吹く風は冷たくて上りで発汗気味の身体に丁度よい。
今日のルートには長い坂はなく、標高350mの小沢峠の名栗方向からの上りが10%で1kmある程度。

小沢峠のこちらは青梅側からの短い上りで10%ない
DSC_0327_convert_20150217104630.jpg

名栗町なかを通ってY字路の交差点を、有間ダム方向に進むと山側のコンクリートの壁に大きな壁画が現れる。
江戸時代・慶応2年にここ名栗を中心に起き、関東一円にまで広がった一揆を描いたそうで、嫌でも目に付く。

DSC_0328_convert_20150217104704.jpg

短い急坂を上ると着いたところが名栗湖(有間ダム)で、12時少し前到着。

DSC_0331_convert_20150217104737.jpg

DSC_0337_convert_20150217104836.jpg

ダム下の日帰り温泉は営業していないかもしれないと思い湖畔の売店兼食堂で昼食。
カレーライスを注文したが、どう見てもインスタントカレーを使っているとしか思えない代物で肉も野菜も殆ど見当たらない。
店内にひな祭りの段飾りやつるし雛が飾られていたが、食事の内容にも気を配ってもらいたいものだ。

DSC_0336_convert_20150217104806.jpg

帰路は飯能を廻って帰る事も出来るが、狭い道でもカーブの地点にセンターポールが多くある299号線を通る気にはなれず往路の道を引き返した。

走行距離        101.7km
最高速度         55.4km
平均速度         23.9km
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ