リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
行きはよいよい帰りは.....の羽田往復
今年の12月の寒さは、厳しい。
もう山道は走れる時期ではないので平坦な道を走ることが増えてしまう。
17日、久し振りに多摩サイを通り、羽田の大鳥居まで走った。
北海道に被害を出している、強烈な低気圧の影響で多摩サイの土手通りに出るとやはり風が強い。
10時台まではそれ程ではなかったが、11時過ぎから時折煽られるほどの強風が吹き出した。
往路の羽田までは、横風だがやや追い風で楽に進む。
登戸の先のサイクリングロードでは中学生が集団でランニングをしていて、危なくて満足に走れない。
土手下の車道に下りて走るが、狭い道路に大型車が多くて気を使う。

DSC_0115_convert_20141218103417.jpg

二子玉川手前で再びサイクリングロードに上がり、程なくガス橋を渡る。
このあたりからサイクリングロードも曲折が多く、逆風気味になったりまともに追い風になったりで定まらない。
走行風を感じず無風かな?と思える時は大抵追い風の場合が多い。
羽田近くの河川敷道路で、スピードが50km近く出た時は、結構な追い風だったと思う。
復路のこの風に苦しめられる覚悟をする。

羽田に11時20分到着、天気は良いが風が冷たい。

DSC_0118_convert_20141218103506.jpg

DSC_0121_convert_20141218103701.jpg

近くを漁船が網をたらして作業をしている。 何が獲れるのかな。
DSC_0119_convert_20141218103626.jpg

夕方からバイトがあるので、のんびりも出来ず、すぐ来た道を引き返す。
案の定、風はいっそう強くなり土手の道をもろにアゲインスト。
ママチャリは、押して歩いている人が多い。 乗って走ると疲れる割に速度がたいして変わらないからだろう。
風速は10mを超しているのではないだろうか、14~15kmに速度が落ちてしまう。
今までで一番強風の強い中走ったのは1昨年の春、筑波の平原を走った時で自転車が転倒しそうなほど強く、10~12km位しか速度が出せない。
後ろを走る仲間から、自転車が斜めになって走っていたと言われたのを覚えている。

等々力付近の河津桜がある場所で休憩、テルモスの暖かいお茶で一服。

花目が開くのは、あと二ヵ月先か
DSC_0124_convert_20141218103727.jpg

多摩川サイクリングロードは、東西に走るため、もろに逆風、順風ということが殆ど無く大抵は、北か南よりの横風のことが多い。
等々力から先の下り道は北西の横向かい風なので、極端なスピードダウンも無く走ることが出来たが、つくづく風は自転車の強敵である事を感じた一日だった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ