リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
里山暖たかランとローラー台
昨日までの雨続きの天気が今日は朝から快晴の良い天気になり、気温も上がるとの予報なので近場を昼過ぎまで走った。
多摩市連光寺から南多摩幹線道路経由町田市上小山田までのトレーニングに頻繁に走っているコース。
今日は久し振りの良い天気のせいかロードバイクが多い。
10時過ぎから走り出したので暖かくて、春秋もののジャージで丁度よい。
南多摩幹線道路から上小山田に入ると小さな山道や里山の風景に変わり心地良い。

DSC_0048_convert_20141127174809.jpg

同じコースを走ることでその日の調子が分かります。
今日は、疲労感があって調子は良くない。
とは言え天気がよく暖かいので気分良く昼過ぎに帰宅し、うっすら汗をかいた後のコーヒーが旨いこと。

前々日の雨の日には、外を走れないのでローラー台で1時間くらいペタルを漕いで過ごした。
自分の性格として、LSDを外走りでやろうとしてもどうしても心拍数を上げすぎてしまう走りになってしまうので出来ない。
そこでLSDはローラー台でやることにしている。
しかし先日TBSの番組で新城選手がローラー台を使って最高速度を測って、86~87km出していたので今回自分もどのくらい出るのか挑戦してみることに。
1時間弱LSDで漕いだ後に少し休み、ダンシングでスピードを徐々に上げマックススピードを測ると67.3kmと出た。
1度しか挑戦しなかったが無理すれば70kmくらい出そうな感じ。
但し、自分のは固定ローラー台で負荷を掛けずに測ったもので、新城選手は3本ローラーだったか、固定ローラーだったか記憶に残っていない。
固定ローラー台は、前輪は廻らないので負荷が少ないのかな。
但し後輪はタイヤをローラーに押し付けないと測れないので無負荷にしても負荷はかかってしまう。

日本人トップクラスの新城選手と60歳過ぎの貧脚の自分とでは20kmしか違わないことは、あり得ない。
つまらない比較ををしたもんだと考えて終わったが、ローラー台の練習は退屈なのでたまには、こんな試みも良いかも。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ