リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
台風前に谷川岳日帰り登山
谷川岳の紅葉が見たいと山友達からのメールで、急きょ台風の来る前に出かける事になった。
11日~13日にツールド千葉が開催され12~13日の参加を申し込んでいたが、台風で12日から雨なので走らないと決めていた事もあった。
しかし、結果として12日は晴れだったのでツールド千葉に参加することになったが。

7時半自動車で出発し、天神平スキー場駐車場に駐車しロープウエイで天神平まで運んでもらった。
時間の都合もあり一番平易な天神尾根ルートを登る。

天神平から朝日岳方面を望むが雲が頂上を隠す
003_convert_20141012203745.jpg

山は結構、紅葉が進んでいた。
008_convert_20141012204024.jpg
3連休まえの平日でも登山客は多い
005_convert_20141012203910.jpg
ザンゲ岩より上は霧で見えない
011_convert_20141012204135.jpg

初めて谷川岳に来ただいぶ以前、5月の連休だったが、残雪が多く天神尾根の夏道がまったく見えない中4人の山友達とアイゼンも持たず熊穴沢の頭避難小屋まで行き、その先はとてもアイゼンが無くては下りが危なくて結局引き返したことがあった。
谷川岳は4度登っているが今回を含めて頂上の天気に恵まれたことが無くことごとく、霧の中だった。
寒かった、風が強く体感温度は5~6度か?

オキノ耳は眺望が無いので今回は行かず
024_convert_20141012204344.jpg

眺望がゼロで皆さん残念そう
026_convert_20141012204427.jpg

肩の小屋で前で昼食。  バーナーでインスタントラーメンとホットコーヒーを作り、旨かった。
谷川岳は火山ではないので安心してくつろぐ。

018_convert_20141012204251.jpg

下山の時、上り途中で親しくなった気さくで話し好きな同年代のおじさんと分かれたが避難小屋で再開。
聞くと遅くなったので頂上を諦めて小屋から引き返すとのこと。 随分とのんびりしている。
ストックを2本もっていた。
我々が登山を始めた20歳ころは、登山でストックを使うことは一般的ではなく、脚と手で登るものと教わったためか、いまだに雪道以外にはストックを使わない。
邪魔になることが多いので。

天神平スキー場、駐車場にもどって車に乗り込み渋滞の無い関越道路と圏央道を通り友人を自宅まで送ってから帰宅。
カーラジオの天気予報が台風の速度が遅く12日は雨は降らない予報を伝えていた。
ツールド千葉の12日は走る事になった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ