FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201904
2020オリンピック ロードレーススタート会場でのサイクルフェイスタパワーメーター試乗会
ブログを3カ月余りサボってしまった。
以前に比べ自転車に関するモチベーションも下がっているのは事実だ。
例年参加していた2月の千葉県サイクリング協会主催のイベントも自宅のリフォーム工事期間に重なりキャンセルした。
練習は、この間もローラー台と、60㎞前後の短距離実走行は少ないながらも続けてはいた。
山歩きも1月に三つ峠山に強風にさらされ、震えながら登っている。
筋肉の極端な落ち込みは避けたかったので。
しかし、自転車の走行速度が平均して昨年の通常時よりアベレージで2kmくらいは落ちている。

今日、2020年の東京オリンピックロードレースのスタート会場になる府中、調布、三鷹に隣接する「東京都武蔵の森公園」で「サイクルフェスタ inむさ森パワーメーター体験説明会」が先着10名とあったので歩いても7~8分の近い場所だったので試乗してきた。
混むかと思ったが、市の広報に乗っていただけだったのか参加者が少なくてスンナリ試乗できた。

009_convert_20190317115153.jpg

脚しか見えないが女性のインストラクターがパワーメーターを見ていろいろ指摘してくれる
008_convert_20190317120229.jpg

女性のインストラクターがローラー台のロードバイクで試乗者に漕いでもらい、パワーメーターを見て、左右の漕ぐパワーバランスや漕いだ時のトルクが360度の円の中でどの程度平均に掛かっているか教えてくれる。
自分は高価なパワーメーターを持っていないので分からなかった意外な事実が分かった。
それはなんと普通に漕いでいると左のペダルの方が10kw以上強い。
実に意外。
というのも、長い激坂を上って先に痙攣が出るときは、必ず左足。
それと、左太ももの方が右より1cm細い。
だからてっきり、右足が強くて左足を鍛えなければと思っていた。
かなり右足を意識して漕がないと20kwくらい差がついてしまう。
これは大発見、まだ利き足を鍛えれば、パワーアップの可能性があるという事が分かった。
回転トルクのパワー力は11時から8時の範囲内が赤矢印で出たのでまあまあのようだった。
シッテイングでのパワーは390kwまでで400w以上が出なかったので相当脚力が弱っている。

普通のサイクルコンピューターしか持っていないのでパワーメーターが欲しくなったが、リフォーム工事で可なり出費があったので
節約しないといけないからすぐ購入するのは難しいな!

公園内の寒桜はほぼ満開でヒヨドリが蜜を吸いに集まっていた
007_convert_20190317115728.jpg
スポンサーサイト
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ