FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201611
棒の嶺ハイキング
埼玉在住の友人から、地元の棒の嶺(棒の折山)のハイキングに誘われた。
1000m足らずの低山だが、沢登り、鎖場もある低山の割には変化があり人気のある山だ。
自転車の練習で名栗湖によく行くが、その湖畔に車を停めて登山口に入る。
白谷沢登山口に9時前に到着して、平日だが6~7台停められる駐車スペースはほぼ満車状態。
登山口から2人でゆっくり上り始める。
山歩きでも、自転車でも30分過ぎから身体が温まりだして調子が出てくる。
林間の登山道から沢が現れると、次第に岩も多くなり沢に沿って、というか沢がルートになってくる。

1475759703573_convert_20161019124034.jpg

水量はそれ程でもなかったが水が流れる岩を渡って歩く事も多く、滑らないよう気をつける。
岩場の沢登りも楽しい、沢の終盤には鎖やロープが張られた箇所もあるが登りは、それを頼りにしなくても済む。

沢道が終わって再び林間の道を登ってゆく。
丸太で作った階段が大分荒れていて、大部分崩れて歩きにくい。
程なく岩茸石に到着。
岩の裏から簡単に登れたので写真を撮ってもらう。

1475759720130_convert_20161019124105.jpg

岩茸石を過ぎ僅かで、権次入峠に着く。
ここからやはり400~500m歩いて頂上に到着。
天気がよく眺望もよく見えて気持ちがよい。
既に、11時頃の頂上では7~8人のハイカーが昼飯を食べ始めている。
最近は中高年だけでなく若い方も多く見かけるようになり、特に若い女性はカラフルな服装と相まって昔とは雰囲気が変わった。

車内で半袖に着替えて正解だった
1475759695821_convert_20161019123948.jpg

食事を友人とゆっくり摂って、同じルートを下り、時間も充分あったので、名栗湖入り口のさわらびの湯で汗を流した。
しかしこの温泉には自販機しかないので、軽く食事をと思ったが飲み物だけで済ますしかなかった。
往復8kmほどの短い距離だが変化があって飽きないルートで結構人気がある理由が分かった。
スポンサーサイト
南魚沼グルメライド 参加
10/2「第3回南魚沼グルメライド」に参加してきた。
6月に行われている「南魚沼ロングライド」は2度ほど参加しているがそれに比べると距離もルートの標高差も少なく、グルメライドの名称どうりエイド提供される食べ物を楽しみながら走れる様に企画されている。

東京から距離があるので、前泊し5時起床し駐車場に向かった。
今回もスタート地点から2km弱離れた学校の駐車場だった。
天候は夜中に雨が降った様子で路面が濡れている。

朝6時前の駐車場 
DSC_1583_convert_20161003113603.jpg

今回朝食で「きりざい丼」が出るというので何も食べずに受け付けに到着。
朝食まで無償で、出るというのはサイクルイベントでは初めての経験。

地元郷土料理の「きりざい丼」野菜納豆サーモンが入っていてうまかった!
DSC_1584_convert_20161003113919.jpg

開会式の後100kmコースから7:20スタート。65kmコースと合わせ1200人位の参加者とのこと。

開会式まで1時間近く待つ
DSC_1585_convert_20161003113706.jpg

自分は、中団より少し前でスタートだった。
夜中の雨で路面はウエット。

DSC_1591_convert_20161003114006.jpg

今回は、のんびり走ってエイドでの食事を楽しもうと思い参加した。
コースも激坂などは殆どなく楽に走れる設定のようだ。
しかしいざ、走り出すと流れの関係もありそんなにのんびりとは走りづらく、いつものペースに戻ってしまう。
エイドは、大体20kmおきに設けられている。
第一エイドに到着、朝食の量が少なめだったので1時間も経たなかったがまだまだ腹には余裕がある。

DSC_1598_convert_20161003114048.jpg

まず最初は、太巻きと菊?のおひたし、ホイルに入った魚、羊羹
DSC_1598_convert_20161003114048.jpg

次のエイドで何が出るか期待して出発。
このルート唯一10%くらいの坂が現れるしゃくなげ湖三国川ダムに向かう山道。
トンネルも増えだす。

雲が薄くなり景色もよく見えてきた
DSC_1601_convert_20161003114250.jpg

DSC_1604_convert_20161003114334.jpg

急坂区間はそれ程長くないので、わりと楽に通過。
40km地点、第二エイドに到着。 

第二エイドでは野菜と厚揚げの入ったけんちん汁のような煮物、焼き芋、お菓子
焼き芋がねっとりしてとても甘みがあった。

DSC_1605_convert_20161003141343.jpg

エイドを過ぎると、下り坂スピードが出る。
途中から65kmルートと合流し、自転車がぐっと増えだす。

DSC_1606_convert_20161003114552.jpg

それにしても、このイベントでは沿道の住民の方からの応援が非常に多い。
特定の場所ではなく各地域で応援の方が出て、「がんばってー」と手を振って下さるのは疲れも吹き飛ぶ瞬間だ。

第3エイドのある塩沢に入る。町並みがすばらしい。

DSC_1609_convert_20161003141434.jpg

ここのエイドは、豚肉の焼き立てを出してくれるので行列ができる。
速めに着いたのですぐ食べられたが、自分が出発する頃には長だの列になっていた。

豚肉のソテーと野菜、温泉マンゴー(トロトロ柿)魚沼産こしひかり
DSC_1613_convert_20161003141702.jpg
10:30の昼ごはんを食べる 青空になって暑くなる
DSC_1612_convert_20161003141623.jpg
肉を焼くのが間に合わない?
DSC_1614_convert_20161003141804.jpg

第3エイドを出て農道沿いの道を進む、曲がり角や交差点には必ずスタッフがいて管理面もしっかりしている。
この辺りは30~35kmで進む。

水田の稲はすっかり刈り取られて収穫は終わっていた
DSC_1616_convert_20161003141914.jpg

アップダウンの道と5km位上って八海山ロープウエイ傍の給水所に到着。
第4エイドと勘違いしたがエイドはまだ10km弱先だった。
第4エイドはさしずめデザートと疲労回復用の氷入りの甘酒が出された。
しっかり考えて出してくる食べ物に感心した。
本格的な甘酒は実に美味しかった。
各エイドはチェックポイントにもなっていてヘイルメットに貼ったゼッケン番号がチェックシートにもなっている。
DSC_1619_convert_20161003142054.jpg

12時35分ゴール。
完走証ならぬ完食証と参加賞をもらう。
なかなか洒落が利いていて楽しい。
天気も回復し美味しいエイドステーションでの食事、きれいな景色、行き届いた運営。
来年もまた参加したい、楽しい一日でした。

DSC_1622_convert_20161003142219.jpg

走行距離        101.2km
平均移動速度      26.1km
最高速度         55.7km
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ