FC2ブログ
リタイヤからのロードバイク
団塊世代の定年退職者。山登りは20歳から続いているが膝に負担を感じて、4年前からロードバイクに乗り始める。
201407<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201409
いつまで雨が続くのか
一週間降ったり止んだりの梅雨のような、秋りんにしては早い長雨が降っており、9/1まで続くと予報が出ている。
室内でのローラー台での練習は、いい加減嫌になった。
今日の(8/29)予報は午前中は曇りで午後雨が多くなるとの事で、午前中に帰ってこれる、いつもの南多摩幹線から町田方面に多少濡れるのを覚悟で出発した。
9時半と遅い出発だが多摩サイから連光寺を過ぎて南多磨幹線道に入っても、怪しげな空から殆ど降ってこない。
こんな日でも多摩サイも南多摩幹線道も少な目だが結構ローデーが走っている。
多摩サイで30km弱で走っていたら若いローデーに抜かれ、いい年をして抜き返してから分岐で分かれた。
抜かれてカットなった訳ではなく、抜かれた後30kmで巡航していたので追いついてしまい結果として抜いただけだが。
年齢的に若い人のように35~40km超で平坦路を長く走ることが出来ない、体重の軽さを利して登りで一般的な若い人と互角に走ればと考えている。

それにしても涼しくて、かんかん照りの中を走るより快適。
だが、唐木田あたりからやはり降りだした。

001_convert_20140830135935.jpg

強い雨では無いが結構濡れる、路肩の大きな木の下で雨宿り。 
長く降るはずがないと思ったとおり10分ほどで小降りになったので、再び走り出した。
町田の上小山田から町田街道に出て途中左折し、日大三校前を通って引き返す。

府中是政橋から立川方面 暗い雲は減った
003_convert_20140830140026.jpg

なんだか昼に近ずくにつれ空の雲が薄くなってくる、予報と違うぞ。
昼前自宅着。 走った距離は50kmだけ。
結局午後のほうが薄日も出て天気予報と逆だった。 
来週からは晴れてほしいものだ。
スポンサーサイト
三浦半島南東海岸サイクリング
連日の猛暑に海岸沿いなら、いくらか涼しいかと自転車仲間6名と三浦半島の一部50kmほど走ってきた。
自宅から集合場所の京急、三浦海岸駅まで平日なので電車のラッシュが心配だったが、6時前の電車に乗り中央線も新宿湘南ラインも迷惑かけずに輪行ができた。
8時15分三浦海岸駅に着き自転車を組み立る。
既に先着が2名ほど、他の4名も程なく着き自転車を組み立て9時前に水分補給を含めスタンバイ。
自分を含め6名が60歳以上、1名50歳代で二人の女性を含め殆どの方が海外サイクリングを何度も経験している。
今回のコースを企画した方はトライアスロンにも参加していて10月の大会に参加するとの事。

9時に三浦海岸駅前を出発、先ずは剣崎灯台を目差す。
ほぼ収穫の終わったスイカ畑を眺めながら6.5km先の剣崎灯台着。
走り出して気づいたのは、風が強いこともあり意外に涼しいこと、体感温度は25度くらいに感じた。

002_convert_20140807111629.jpg

無人灯台で入れない
004_convert_20140807111535.jpg

房総半島が眺められる
006_convert_20140807111607.jpg

灯台の次は風力発電の風車が2基ある、宮川公園に20分ほどで到着。
炎天下、高年齢者のサイクリングなので逗子駅までこんな調子で少し走っては見学するゆっくり走るポタリングだ。

007_convert_20140807111656.jpg 宮川公園の風車、発電能力400kwとある

次の城ヶ島灯台に向かう途中の海岸で5レンジャーらしきロケ現場を見つけストップ、ちょこっと眺める。

008_convert_20140807111829.jpg

4kmほどで灯台に到着。城ヶ島灯台は小学生の頃遠足で来た記憶がある
010_convert_20140807111900.jpg

その後、三崎港を通り油壺でまぐろ丼の昼食を食べて休憩。

昼頃からは、やはり暑さを感じ出す。
風が弱まったこともあり、蒸し暑い。
今回最高齢の方が持参した自転車はOTEC SDVという変わった自転車。
前輪のチェーンホイールが上下2段になっており、漕ぐとクランクが上下に楕円を描くように廻る。
一般の円運動よりも高効率で出力が増すとうたっているようだ、しかし持ってみると重い、14kgくらいある模様。

012_convert_20140807112535.jpg

きれいな岩場がある荒磯の公園を過ぎて走れば、江ノ島方面に富士山が眺められるかと期待したが雲がかかって眺められず残念。

011_convert_20140807112142.jpg

ゴールの逗子駅までは12kmほど
013_convert_20140807112603.jpg

街なかに入ると風が無く蒸し暑い。
葉山の御用邸前の信号を右折してすぐ、京急新逗子駅前に着いた。 丁度15時。
ここで解散、しかし皆冷たいビールが飲みたくて15時にオープンのスナックで生ビールを2~3杯飲んでから解散。
ラッシュ前の電車で帰宅することが出来た。
時々は、こんなのんびりサイクリングも楽しい。
温泉旅行も自転車を積んで
夫婦での1泊温泉旅行に出かけた。
行く先は自動車で行ける場所にしたので限られる、 今回は鬼怒川温泉にした。
昨年は裏磐梯に出かけたが、自転車を積み込んで早朝、食事前に2時間ほど走った。
今回もやはり自転車を積み込んだ。
旅館での夕食はどうしても飲みすぎ、食べすぎをしてしまう。
腹八分目に食べたほうが健康的だろうが、やはりそれでは面白くないのでやっぱり腹いっぱい飲んで、食べてしまう。
翌、早朝1~2時間でも自転車で走って汗をかき、朝風呂でさっぱりしてから、朝食をとると美味しく食べられる。

1日目は朝出発すると、中央高速の朝の渋滞に重なるので10時を過ぎてから自宅を出た。
自転車は前輪を外し、チェーンで汚れないよう輪行袋で覆い、後部座席に載せる。
大した渋滞にも会わず、鬼怒川温泉に着いたのは14時過ぎ。
ホテルから近い龍王峡に寄る。
1時間ほど歩いて滝や渓谷を観てから宿泊先のホテルに着く

001_convert_20140802113857.jpg
小さな駅だが、無人ではなく駅員が1名いた
002_convert_20140802113934.jpg

龍王峡は滝がいくつもある
003_convert_20140802114012.jpg

008_convert_20140802114041.jpg

涼しげに見えるが、かなり蒸し暑かった
011_convert_20140802114113.jpg

013_convert_20140802114141.jpg

鬼怒川温泉は旅館、ホテルが並ぶが、閉鎖した温泉宿も目に付いた
015_convert_20140802114205.jpg

温泉に入り夕食になるとやはり飲みすぎ食べすぎの時間を過ごしてしまった。

翌日女房がまだ寝ている朝5時に起床しレーパンとジャージを着て駐車場に行く。
車の中からロードバイクを出し、前輪をセットして準備完了。
早朝はさすがに涼しい、24~25度位だろうか。
取りあえず10数キロ先の川治温泉まで行くことにし、上り基調の、車もまだ走り出さない道路を進む。
軽いストレッチをしただけの目覚めていない身体に上りの道が続く。
 3%~6%位だろうか、20km前後でゆっくり走る。

車が殆ど来ないのでカメラを路上に置いてタイマーで
003_convert_20140802114258.jpg

激坂は無いので上りを走っても余り汗はかかず川治湯本駅に到着。
駅前に「かわじい」と書いてある爺さんが、誰も居ない駅前でにこやかに迎えてくれた。

005_convert_20140802114354.jpg

006_convert_20140802114327.jpg

大して走っていないがここで引き返す。
帰り道は、当然下り。
結構カーブが多いので対向車があるとそんなにはスピードも出せないが、車が少ないことをよい事に飛ばす。
下りからしばらく平坦路になっても勢いがあるので40kmを下らない。
自転車は勢いだ。
途中曲がり角を間違えて有料道路に入り込んだが直ぐ気がつき引き返し、ホテルに着いたのが6時半頃。
1時間余り、走り足らないとは言え、身体もすっかり目覚めた。
この後の入浴と朝食は最高の気分だった。

2日目は、何度も行っているが日光東照宮と中禅寺湖を巡った。

010_convert_20140802114425.jpg

夏休みで小学生の団体と、外人さんが多く混雑している。
隣の、二荒山神社のほうが静かで落ち着いて参拝が出来た。

015_convert_20140802114529.jpg

中禅寺湖で昼食を摂り、混雑しないうちに高速道路に入って帰宅、首都高はやはり渋滞していたが早い時間に帰宅でき
家族サービスも終了。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ